ダイヤダイヤ・*:..。生きる伝説 吉田拓郎の歌を聴こう。..:*・ダイヤダイヤ

2008年02月07日

上原、順調な仕上がり

上原はケガを恐れつつも順調な仕上がりを見せているようです。
今年はFA習得の年だしオリンピックもあるので、ケガをしないで活躍して欲しい。
そして開幕●のジンクスを打ち破って、2008年の1勝目をマウンドに刻もうわーい(嬉しい顔)

上原、捕手初めて座らせ104球
上原の周囲から感嘆のため息が漏れた。打席に立った阿部は「素晴らしい!」と声を上げた。尾花投手総合コーチはブルペン捕手に「(ミットを動かす必要がなくて)楽やな」と笑いかけた。当の本人は「あんなもんでしょ」と淡々と振り返ったが制球、球のキレともに抜群の出来だった。
星野監督決断!日本の上原も先発復帰!
「上原は本当にスゴイね。あんな投手、見たことがない。元気だったらいい」すでに主将の宮本(ヤクルト)とともに日本代表入りを断言している闘将は、本大会での上原の起用法について言及。「ケース・バイ・ケースだが、日本代表では先発で行ってもらうことになる」と、北京五輪での先発ローテーション入りを明言した。

星野監督決めた!阪神球児抑え
大野投手コーチが「予選リーグの上原抑えはない」と説明するように、星野監督は準決勝、決勝に限定し、上原を抑えで起用する構想を温めている。予選リーグでは藤川、岩瀬のダブルストッパーとなる形が濃厚だ。

投手の発掘、育成に定評のある星野監督は、2人の素材を比較をしながら、役割分担について説明した。
「先発から抑えにいくのはできるが、その逆は難しいもんや。上原はセンスがあるから両方できる。でも球児の場合は、今から先発転向は厳しい。なぜかといえば、ここまでケガ続きで、それを克服し、ようやく抑えという生きる道を見つけた。だからずっと抑えでいくべきなんや」

ひらめき上原は開幕戦に勝てないexclamation&question
2000年から2006年まで7年連続開幕投手を務めたが、2007年はキャンプ中に古傷を痛めたこともあり開幕に間に合わず、8年連続はならなかった。開幕投手に7度選ばれているが、勝ち星を挙げたのは2001年(対阪神)、2006年(対横浜・完投勝利)だけであり、結果を残していない。


  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。