ダイヤダイヤ・*:..。生きる伝説 吉田拓郎の歌を聴こう。..:*・ダイヤダイヤ

2007年05月01日

ピッチャー上原♪

G・上原、今季初マウンドは6年ぶり救援…復活への第一歩
「ピッチャー、上原」。7点リードで迎えた九回裏。待ちに待った場内アナウンスに、G党から大歓声がわき上がった。両足の故障を克服し、背番号『19』が帰ってきた。ちょうど1カ月遅れの開幕は、上原にとって6季ぶり3度目の救援マウンドだった。

「(歓声は)うれしかったですよ。投げられたことがよかった」
「(足の)怖さが消えないからね。けがしないように投げた」

高橋尚語る“抑えのG圧”「精神的に本当にキツい」
「(上原の)体が持つのかな、という心配はある。体力的には先発の方がキツい。でも抑えは精神的に本当にキツくて、どうしても1球1球、力んで投げなきゃいけないから、そういう瞬間に故障がぶり返したりしないか、とね」

高橋尚は上原よりわずか1日早く生まれた同い年の親友。それだけに抑えを初めて経験する上原への同情がにじむ。

「他球団のことはよくわからないけれど…。先発、中継ぎが必死につないで手元に引き寄せた白星を自分1人で台無しにしてしまうかもしれない。その重圧がキツい」

「ゆくゆくはウエ(上原)と一緒に先発で回りたい。僕も去年抑えをやっていたときそう考えていた。ウエもそのつもりだと思う」と締めくくった。


  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/40530802
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。