ダイヤダイヤ・*:..。生きる伝説 吉田拓郎の歌を聴こう。..:*・ダイヤダイヤ

2008年11月11日

上原メジャー挑戦へ

年齢からくる衰えを考えるともっと早くメジャーへ行かせてあげたかった。
でもその時は巨人のエースとしてチームの勝利に貢献して出て行って欲しかったので、今季のような故障でチームを離れ中途半端な数字を残す結果に終わったことを考えると胸中は複雑です。

上原、メジャー挑戦を明言 「気持ちぶれなかった」
上原浩治投手(33)は「初志貫徹で大リーグに挑戦する。苦しい時期もあったが、気持ちはぶれなかった」と話した。

巨人の清武英利球団代表はこの日、9日の日本シリーズ前に上原の意向確認を行ったことを明かし「基本的に彼の意向は受け止めた。10年間、耐えて頑張ってくれたことに、ありがとうと言った」と話し、本人の意思を尊重する方針を示した。

 上原はFA資格を満たした4月に「自分にとって海外は夢ではなく、目標。大リーグでやりたい」などと話し、来季の大リーグ挑戦を示唆していた。

上原がオリオールズ日本人選手第1号?
上原獲得へいち早く“名乗り”を上げたのはオリオールズだった。マクフェイル球団社長は「日本には経験豊富なプロフェッショナルがたくさんいる。上原?その通りだ」と語った。

今季のオ軍は4月を勝ち越すなど好スタートを切ったが、中盤以降失速して地区最下位に終わった。マクフェイル社長は「投手陣が崩壊してしまった。ストライクが取れず自滅した」と敗因を分析している。チーム防御率は30球団中29位の5・13で、四球は30球団でもっとも多い687だった。その点、上原は制球力抜群で四球の心配はない。97年の地区優勝を最後に優勝争いすらもできていないチームの抜本的改革へ、上原はうってつけの存在となる。

さらにマクフェイル氏は「今季のタンパ(レイズ)はわれわれのいい手本になっている。岩村はチームの中で大切な役割を果たしていた。今のわれわれに必要なのは経験のあるベテランだ」と語る。オ軍の先発陣は全員20代と経験が浅い。上原なら五輪やWBCなど国際経験豊富で、投手陣のリーダーになれると球団は評価。若い選手が多いチームを引っ張り、レイズの快進撃を支えた岩村と同じ役割を右腕にも期待している。

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109423898
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。