ダイヤダイヤ・*:..。生きる伝説 吉田拓郎の歌を聴こう。..:*・ダイヤダイヤ

2008年04月02日

コントロール

bbl0804012251016-p1.jpg

上原といえばフォークさえも操るコントロールの良さが武器なのですが、それが今の上原にとっては諸刃の剣となっている。
解説の星野監督が、ストライクゾーンで勝負をしすぎると試合中に言っていたが、同じような事をGet Sportsで上原自身が言っていた。
コントロールがいいからバッターが怖さを感じないようだと。
続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19

勝利の女神は微笑まず

上原121球熱投実らず「結果がすべて」
上原は1人で121球を投げ抜いた敗戦直後、しばらくベンチを動けなかった。「制球ミスもあった。結果がすべて。反省点を次に生かさなければいけない」とうなだれた。

映画 GIANTS ストリーム

続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19

2008年04月01日

ヤクルトに呑まれた巨人

おもしろい野球とは、憎らしいほど強いチームが圧倒的強さを見せ付けて勝つ試合だろうか?
それとも弱者が強者を倒す試合だろうか?
それとも戦力が均衡したチームが接戦をものにするゲーム展開だろうか?
日本の野球をおもしろくするには、何をどうしたらいいのだろう。

驕る強者vs必死の弱者
年俸42億の巨人が負けるセ・リーグの面白さ

ヤクルトのチームリーダー・宮本慎也は開幕前、こう語っていた。
続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

9番ピッチャー上原

いよいよ先発のマウンドに上原が帰ってきます。
3連敗。
先発復帰戦。
どれ程のプレッシャーでしょうか?
それでもこだわり続けたまっさらなマウンドに立てるのだから、その幸せをかみしめて欲しい。

野球マウンドの神様、勝利の女神。上原に勝利の祝福を!


頼むぞ!連敗ストッパー上原544日ぶり先発「悪い流れ元に戻す」
昨年10月、日本シリーズ進出をかけて中日と戦ったクライマックスシリーズでは、無抵抗のまま3連敗で敗れ去り、5年ぶりリーグ制覇の喜びが吹き飛んだ。20日の第3戦後、誰よりも悔しがったのが、他の誰でもない上原。ゲームセットを見届けると、人目もはばからず涙を流し、ベンチからしばらく立ち上がることもできなかった。

「ゴチャゴチャいってもしようがない。因縁という気持ちもない。投げるだけ」
続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。