ダイヤダイヤ・*:..。生きる伝説 吉田拓郎の歌を聴こう。..:*・ダイヤダイヤ

2013年09月27日

楽天初優勝

球団が設立されてからいつも馬鹿にされてきた。
あまり物が集まったような球団で、最下位が低位置。
優勝なんて言葉を口にしたら笑われる、そんな球団だった。

でも投手には魅力があった。
岩隈がいて田中が入団した。

傷だらけの闘将星野がやってきた。
そして震災。
監督の、選手の、ファンの、様々な思いが優勝を掴み取った。
無情な野球へのリベンジ、理不尽な災害への叫びが胸に響いた。

今だから言える…嶋スピーチによる重圧「優勝で救われた」
涙が次々とあふれ出る。ウイニングボールをつかんだ楽天の嶋がマスクを放り投げ、田中に抱きつくと号泣した。
 「時間が止まったように感じた。いろんな思いがあるし、ここまで頑張ってきた思いがある」

「見せましょう、野球の底力を!」。11年3月11日、東日本大震災が発生し、球界は開幕問題で揺れた。4月2日の復興支援を目的とした慈善試合前には感動のスピーチを披露した。しかし、これが嶋にとって重圧となった。「ファンは一番優勝を望んでいる。逃げたいと思ったこともあった。しんどいと思うこともあった」。チームが低迷時には、「おまえが底力を見せろ」とヤジが飛ぶこともあった。あれから2年半がたち、やっと被災地のファンに優勝をプレゼントできた。

選手に愛され星野監督7度舞い「オレは何か持ってるね」
11年秋から岡山県倉敷市で球団初の秋季キャンプを敢行した。球団初年度から予算の都合で実施されていなかったが、指揮官が「俺が金を出す。日程を組んでくれ」と球団に直訴した。キャンプ中は選手同様に朝5時に起床。時には自らバットを手にし、40歳以上も年が離れた選手にノックの嵐を浴びせた。芽を出す土壌を自ら耕した。「若者を育てていくのは男のロマン。あの時“磨けば光る”と思ったやつが2人いた。鈍く光っていた」。それが、当時無名だった銀次と枡田。今や「星野チルドレン」として中軸を担うまでに成長した。

 「孫と言ったら年を取りすぎているし、子どもにしたら若いしなあ」

今月15日。仙台市内の自宅を、斎藤と松井のベテラン2人が訪ねてきた。座骨神経痛などに苦しみながらも必死に闘う指揮官のために、懇意の整体師を連れてきてくれたのだ。腰をもまれながら、星野監督は思った。「俺は幸せ者や」と――。

【楽天】マー絶叫初V!魂の8球オール150キロ超えKK締め
「日本一の投手になりたい」とプロの門をたたき、1年目から11勝をマーク。5年目の11年には19勝を挙げ、沢村賞など投手タイトルを総なめにした。「日本一の投手」になったが、それでも物足りなかった。「本当にいいシーズンだったと言えるのは、チームと個人と2つそろっていい成績を残さないと、心の底から喜ぶことはできない」。この年、リリーフ登板で20勝を挙げることもできたが「中継ぎで拾って20勝したいとは思わない」と拒否。5位に沈んだチームで、20勝することは意味がなかった。

シーズンが始まる前、沖縄・久米島の海辺でこう絶叫した。「WBCで世界一、シーズンで日本一。2つの頂点を目指します。全国の野球ファンのみなさんに一言、言わせてください。今年の野球界の主役は、俺たち楽天だ!」。世界一こそかなわなかったが、言葉に偽りはなかった。「球団創設以来、いろんな人の思いもあるし、今シーズン、誰も優勝すると思ってなかったと思う。いい意味で期待を裏切れて良かった」

【楽天】星野監督「震災でハートに火ついた」定位置Bクラスから3年で頂点!
 田中の最後の黒星となった昨年8月19日の西武戦(西武D)の試合から数日が経過した日だった。「俺に、そのボールがあったら30勝できる。今のままじゃ、おまえは怖くない」。あれ以来、田中が変わった。「無敗で来るなんて誰が想像してたんや」。力強い投球がよみがえり、前人未到の領域まで突き抜けた。

 今年のキャンプイン前夜、コーチ、選手、スタッフ全員の前で「今年は優勝するぞ」と宣言した。就任3年目。ナインの前で「優勝」という言葉を口にしたのは最初で最後だった。周囲には「Bクラスなら切腹」とまで漏らした。「優勝の可能性は0%だと思っていた」。そう振り返ったが「無理だと思っても、理想は持っていないといかん。高望みであっても、俺が理想をもたなくてどうする」。

 04年オフだった。近鉄が消滅し、楽天が新規参入した。「言い出しっぺは俺なんや」。球団再編の動きがでた頃に、食事会で三木谷氏と顔を合わせた。「あんたのような企業こそ(球団を)持つべきだ」と進言すると「そうなったときは、いろいろと教えてください」。当時は夢にも思わなかった監督就任を、10年オフに引き受けたが、就任直後に待ち受けていたのは予想できない出来事だった。

 11年3月11日。東北を大地震が襲った。「言葉は悪いけど、震災で燃えた。あれでハートに火がついた。乗り越えるものにしか、試練はやってこない」。現役時代、目をつり上げて巨人に立ち向かい、万年Bクラスの阪神の監督を引き受けた時と気持ちは同じだったが、震災直後のチームはバラバラだった。

 震災当日、チームは兵庫・明石にいた。指揮官は「野球選手は野球をやってナンボ」。仙台に戻ったのは35日後のこと。一日でも早く仙台に戻りたい選手と、開幕直前の大事な時期に野球を離れることを恐れる指揮官の間には確執も生まれた。「選手と溝ができていることは知っていたけど、気にもしなかった」。言葉とは裏腹に、苦悩は大きかった。

 「勝つことがすべてだった。育てるよりも、いま勝って喜ばせないとアカン。でも、やっぱり勝てなかった。1年で若いヤツを出してたら、もうちょっと早く今みたいになっていたのかも分からん。チーム作りが遅れた。でも現有戦力でやるしかなかった」。1年目が5位、2年目は4位。CSにすら出られなかった。2年とも、シーズンオフに受けた健康診断で知らないうちに、胃に無数の穴が開いていた。

 監督として中日、阪神に続き、3チーム目のリーグ制覇。三原脩、西本幸雄に次ぐ史上3人目の偉業となった。「一度くらいは戦力が整っているチームで監督をしてみたいと思っていたけど、監督生活の最後に引き受けたチームが、一番の貧乏くじだった」と笑ったが、足掛け3年で球団初年度からBクラスが定位置だったチームを最強にした。中日、阪神ではいずれもリーグ優勝止まり。悲願の頂点へと挑む。

楽天初優勝。チームをひとつにした「8月のある出来事」
なかでも頑張ったのが、4番手で登板した長谷部康平。2日前の8月22日に母親を亡くし、当初は「ロッテはいい左打者が多いから、穴をあけたくない」とチームに残ることを希望していました。最後は星野監督の「行ってこい」のひと言で、23日の通夜に参列することになり、24日の朝、実家のある岐阜から仙台に戻ってきました。

 当日の試合前、球場で本人に会った時に「いろいろと大変だったね」と声をかけると、「やるしかないです」と気丈に振る舞っていた長谷部。しかし、8回に登板し打者2人を抑えベンチに戻ってくると、緊張が解けたのか、涙が止まりませんでした。ベテランの斎藤隆さんが長谷部のもとにかけより、肩を抱く姿が印象的でした。魂のこもった長谷部のピッチングが、チーム全体に一体感をもたらしたと、私は思います。

 その斎藤隆さんからウイニングボールを手渡された長谷部は、「母親に頑張っているところを見せたいと思って投げました。いいボールがいったと思います」としっかり前を見つめていました。

山崎武司が語る「楽天初優勝と野村野球の遺産」

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2009年04月08日

上原 メジャー初勝利

かつて巨人の4番を打った男。
背番号19を後ろから見続けた男。
その男を迎え撃つ。


初登板の上原、松井斬りで1勝!「正直、めちゃめちゃうれしい」
「僕の中では、どんな打者とも比較できないスーパースター」上原は夢だった松井との真剣勝負をデビュー戦で果たした。3打席いずれも走者を置いた2死からの対戦で、抑えきった。「正直、めちゃめちゃうれしい。(喜びの度合いは)今までで一番上ですね。野球をやっていてよかったなと思った」

松井秀喜が上原に完敗「僕の知っている彼だった」
松井秀喜外野手「僕の知っている彼(上原)だった。今日みたいな投球をされるとヤンキース打線といえどもなかなか攻めるのは難しい。彼にとっては一生の思い出になるだろう。負けたのは残念だが、彼にはいい一日になったと思う。(対戦は)僕にとっても幸せなこと。これからも何度か対戦するだろうから、いい勝負をしていきたい」

ひらめき スポニチ選手名鑑 上原浩治

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19

2009年01月15日

頑張れ!上原!!

上原投手、オリオールズ入団おめでとうございます。
夢のスタート地点に立てて何よりです。
でも松坂に続いて黒田・川上・上原と、日本のエースがみんな行っちゃいましたね〜。
今年のプロ野球が淋しく感じます。。

オリオーズ上原誕生.jpg


上原、ついに夢舞台へ!

シーズンの目標を問われると「勝つことです」と即答した。
先発にこだわった結果、選んだのがオリオールズだった。「イニングにこだわりたい。イニング(の目標が)が達成できれば、ほかの数字はついてくる。野球に関しては(不安は)ないです」

不安を口にしないのは、巨人で戦いながらも長年大リーグに向けての準備を重ねてきたからだろう。
「戦力になるだけでない。若い選手たちに見てもらいたい」とマクフェイル球団社長からはチームリーダーとして期待される。


オリオールズ・上原浩治投手の話

「目標がかないうれしい。そして、やらなければいけないという気持ちにもなっている。日本にいたときからメジャーのグラウンドが素晴らしいことは分かっていた。今はとにかく早くそこで投げたいという気持ち。」


オリオールズ・マクフェイル球団社長の話

「うちにこれだけの成功を収めた投手はいない。戦う姿勢や野球への取り組みが若い選手に伝わってくれるといい。」


オリオールズ・ストックスティル国際スカウト部長の話

「球団の12人のメンバーが上原獲得を検討し、全員が先発として大リーグで成功するという意見だった。すべての球種をコントロールできる。そういう投手は成功してきた。」


巨人・清武英利球団代表の話

「夢を果たすために行ったのだから、勝ち抜いてほしい。投手陣が弱体のオリオールズにとっては念願の投手でしょう。ただ、頭の片隅に日本のことを考えていてほしい。」


「松井秀との勝負楽しみ」続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19

2008年11月11日

上原メジャー挑戦へ

年齢からくる衰えを考えるともっと早くメジャーへ行かせてあげたかった。
でもその時は巨人のエースとしてチームの勝利に貢献して出て行って欲しかったので、今季のような故障でチームを離れ中途半端な数字を残す結果に終わったことを考えると胸中は複雑です。

上原、メジャー挑戦を明言 「気持ちぶれなかった」
上原浩治投手(33)は「初志貫徹で大リーグに挑戦する。苦しい時期もあったが、気持ちはぶれなかった」と話した。

巨人の清武英利球団代表はこの日、9日の日本シリーズ前に上原の意向確認を行ったことを明かし「基本的に彼の意向は受け止めた。10年間、耐えて頑張ってくれたことに、ありがとうと言った」と話し、本人の意思を尊重する方針を示した。

 上原はFA資格を満たした4月に「自分にとって海外は夢ではなく、目標。大リーグでやりたい」などと話し、来季の大リーグ挑戦を示唆していた。

上原がオリオールズ日本人選手第1号?
上原獲得へいち早く“名乗り”を上げたのはオリオールズだった。マクフェイル球団社長は「日本には経験豊富なプロフェッショナルがたくさんいる。上原?その通りだ」と語った。

今季のオ軍は4月を勝ち越すなど好スタートを切ったが、中盤以降失速して地区最下位に終わった。マクフェイル社長は「投手陣が崩壊してしまった。ストライクが取れず自滅した」と敗因を分析している。チーム防御率は30球団中29位の5・13で、四球は30球団でもっとも多い687だった。その点、上原は制球力抜群で四球の心配はない。97年の地区優勝を最後に優勝争いすらもできていないチームの抜本的改革へ、上原はうってつけの存在となる。

さらにマクフェイル氏は「今季のタンパ(レイズ)はわれわれのいい手本になっている。岩村はチームの中で大切な役割を果たしていた。今のわれわれに必要なのは経験のあるベテランだ」と語る。オ軍の先発陣は全員20代と経験が浅い。上原なら五輪やWBCなど国際経験豊富で、投手陣のリーダーになれると球団は評価。若い選手が多いチームを引っ張り、レイズの快進撃を支えた岩村と同じ役割を右腕にも期待している。

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背番号19

2008年11月10日

西武優勝

低迷していたチームを立て直し、就任1年目で優勝なんてすごいです。
それも主力選手がFAで抜け、若い選手を育ててなのだから価値があります。
6戦の岸くんの中継ぎ・7戦の先発陣の継投は見ていて興奮しました。
巨人を応援している私ですが、今回の日本シリーズは西武に熱い視線を送ってしまいました。。

野球 表彰選手
最高殊勲選手 岸孝之投手(西武)
敢闘選手 ラミレス外野手(巨人)
優秀選手 平尾博嗣内野手、中島裕之内野手(以上西武)鈴木尚広外野手(巨人)

Bクラスから日本一!「選手信じ」渡辺監督9度舞った…日本S第7戦
 喜びをかみしめるように渡辺監督はゆっくりと歓喜の輪の中に歩んでいった。「オレたちが一番だ!」野太い声を張り上げると、選手たちも人さし指を突き上げた。誰の目にも涙はない。昨年5位のどん底から一気に頂点に駆け上がった男たちの顔には、王者らしいほほ笑みがあった。「やれるだけ上げようぜ!」という声に乗って、99番の大きな背中は9度、宙を舞った。

「選手を信じて任せる」シーズン中から貫いた信念は土壇場でも揺るがなかった。1点を追う8回。先頭の片岡が死球で出塁すると、初球から迷いなく二盗を決めた。「あれは本人の判断。普段通りのことをしただけ。『待て』をかけたら勢いは止まっていた」栗山の犠打で三塁へ進むと、今度は中島の三ゴロで本塁へ突入した。「あの回に逆転したいと思っていた」指揮官の思いは平尾の決勝適時打となった。

 新人監督の日本一達成は8人目だが、前年BクラスからのVはプロ野球史上初。43歳、12球団最年少にして唯一の投手出身監督らしいマジックもさえた。王手をかけられた第6戦で3日前に完封勝利を挙げたばかりの岸を2番手に送り込んで逆王手をかけると、この日も先発型の石井一、涌井をつぎ込んだ。昨年の監督就任時、西武を戦力外となった後、ヤクルト時代に野球を教わった楽天・野村監督から「投手出身の監督は野球を知らない」と挑発された。「きちんと言葉で理論を説明できる野村監督と出会って初めて指導者になりたいと意識した」それから10年。恩師も舌を巻く采配で栄光をつかんだ。

 「ミスを責めない」というポリシーは現役時代の経験から生まれた。1989年10月12日、西武球場での近鉄とのダブルヘッダー第1試合。強打者ブライアントに直球勝負で挑み、バックスクリーンへ決勝の特大ホームランを打たれた。「ベンチ裏に森監督がすっ飛んできて『何でフォークを投げなかったんだ!』って怒ってね。その瞬間、俺もキレてグラブを壁に思いっきり投げつけた」。最も抑えられる確率が高いと信じたから真っ向から勝負した。「結果は使った監督の責任。選手には結果を恐れず、自信を持ってプレーさせることが大事なんだ」今もその壁を見て自分に言い聞かせている。

 遠征には必ず文庫本を携えている。戦国武将の本を読み、指導者のあり方を学んでいる。「織田信長は嫌いだね。部下を大事にした武田信玄には一番学ぶことが多いよ」。「人は城、人は石垣、人は堀」選手たちを信じて力を発揮させ、ほんの1年前までは負け犬だった集団をわずか1年で最強の軍団に鍛え上げた。「渡辺西武王国」の黄金時代が今、幕を開けた。

G打線2安打斬り!究極の継投見せた!
究極の継投だった。シーズン中では絶対にあり得ない。西口―石井一―涌井とつないで、星野を挟んで守護神・グラマンへ。巨大戦力を一刀のもとにぶった斬った。

「本当にいい後輩を持ったよ。僕の(シリーズ)6連敗も阻止してくれたしね」。先陣を切ったのは投手陣のリーダー・西口だ。右内転筋の張りのため、10月4日楽天戦以来の実戦マウンド。初回に1点を失い、2回にも坂本に1発を浴びた。自身シリーズは0勝5敗。6連敗なら史上ワースト記録だ。またか…。しかしここからが“快投ショー”の幕開けだった。

 坂本のアーチ後を西口が3人で抑えると、3回から石井一、5回から涌井がそれぞれ2イニングをピシャリ。6日の第5戦で5失点されていた涌井は「前回のKOが悔しかった。それにきのうの岸君を見て、しっかりやらないといけないと思った。凄く刺激を受けた」。前夜は横浜高、西武の先輩であるレッドソックス・松坂からメールが届いた。「絶対に優勝しろ」――。結束。投手陣は1本の強力な矢となって、巨人打線の心臓部を貫いた。

 8回から2回を締めたグラマンは「この時期は生きるか死ぬかの戦い。でも自分が試合を終わらせたなんて信じられません」と“胴上げ投手”に大感激だ。終わってみれば2回のアーチ後、打者24人相手に1人の走者も許さなかった。日本一達成直後は涙を流していた涌井が会見で言った。「(継投は)監督の勘がさえてたんじゃないですか?」。爆笑。力を出し切った男たちの顔はすがすがしかった。

MVP岸舞った「軽いからって高く上げすぎですよ」
流れを完全に変えた6戦目の救援登板。王手をかけられていたことはもちろん、もう1つ負けられない理由があった。「(7戦目の先発が)西口さんと知っていた。西口さんに投げてもらいたかったから頑張りました」細身の体でキレのあるボールを投げこむことから“西口2世”と呼ばれた右腕は、何とか目標の先輩につなぎたかった。

 その西口から試合前に「お前にMVPを取らせるために投げる」と言われていた。西口から石井一、涌井と先発投手がつないでつかんだ勝利。岸のMVPは先発陣みんなでつかんだものだった。

片岡死球から盗塁、三ゴロで同点激走「期待に応えたかった
「あの場面は、動かないとこっちに流れを持ってこれないと思って、思い切って初球から行きました」プレッシャーを集中力でかき消した。「けん制球がくる気もしなかったので、(マウンド上の越智が)動いたら行っちゃおうと思った」背番号7の足が確実に悲願日本一への流れを手繰り寄せた。

 三塁に進んで中島の三ゴロで同点のホームに滑り込んだ。「ギャンブルスタートでしたけどね」片岡の足があってこその得点だ。今シリーズでは5盗塁を決め、それはすべてノーサインだった。「一度も『待て』のサインはなかったし、監督に好きなようにやらせてもらって、期待に応えたかった」。そのために、巨人投手陣を観察し続け、内海がけん制するときは少しだけ前かがみになるクセを見抜き、左腕から実際に3盗塁を決めた。

ひらめき コメント集
続きを読む

  人気blogランキング




posted by pinknokonpeito at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。